夏の中国茶会のお知らせ

 
 
DSC09890.jpg

お茶の香りと立ち登る湯気

透き通る水色

茶湯が体の中に巡る感覚


お茶がもたらしてくれる喜びを

共に楽しむ時間を作りたいと思い

このたび茶会を開催させていただきます。

 

心を寄せてくださる方が

いらっしゃいましたら幸いです。

夏の体に茶湯を巡らせましょう^^
 

7月18日(月・祝)海の日

午前の部 10:30-12:30 (満席)

午後の部 14:00-16:00 (満席)

【会費】 6,600円

【場所】  横浜(最寄駅・東急東横線日吉駅)

お申し込み後に詳細をお知らせさせていただきます。

 

フードクリエイター ikuraさん主宰のeatossさんがお茶菓子を添えてくださいます。

午前の部はikuraさんも交えてのお茶会の予定です。

※お申し込み後のキャンセルは原則として承っておりません。
ご熟考の上、お申し込みください。
急遽ご事情により参加できなくなった場合などはご友人等にお譲りいただくことも可能です。


※今回、会のコンセプト上並びに社会情勢上、
マスクの脱着につきましては開催者並びに参加者様とも終始自由とさせていただきます。
マスクの着用に関して気になられる方は参加はお控えください。

 

下記のリンクよりお申し込みください。

 

午前の部はこちら

午後の部はこちら

 

ご不明な点がございましたらお気軽にご質問ください。

 

 

・・・

 

 

嗜好品からはじまった中国茶でしたが、一杯の茶湯から広がる世界を知ったとき、

その奥深さに感銘を受けていつしかなくてはならない存在となっていました。

 

農家さんをはじめ、たくさんの人の関わりがあって私の元に茶葉が届けられています。

同じ茶葉でも季節、天候、時間帯の違いや、体調、気持ちひとつで変わるという

一度として同じ茶湯はないまさに一期一会の世界。

 

それは世の全てのものに当てはまることで、

私はお茶を通してその尊さに気づかせてもらっています。

 

茶湯が体に巡る感覚や、凝り固まった体や使いすぎた頭がふぅーっとほぐれる瞬間が気持ち良かったり、香りや味からまだ見ぬ茶園を想像してみたり。

一杯の茶湯が私を遠くまで連れて行ってくれるのです。

 

設えを考えたり、作家さんとの出逢いも器好きの私の楽しみの一つ。

 

そういったことが素直に楽しくて気がつけばお茶のある生活が日常になっていました。

 

7月18日 海の日

茶湯に浸りながら、お茶がもたらしてくれる喜びを味わいましょう。

 

フードクリエイターikuraさん主宰のeatossさんがお茶菓子を添えてくださいます。

午前の部はikuraさんも交えてのお茶会を予定しています。

中国茶がはじめての方もどうぞお気軽にお越しください。